ツールの導入方法

確認事項

口座開設・資金の入金が済んだ方へツールの導入方法を説明していきます。

まだ口座開設と資金の入金が終わっていない方はこちらから

EAのお受け取りが済んでいない方はこちらから

ツールの導入方法

MT4をダウンロード

MT4はXMのホームページ・マイページ内の【プラットフォーム】からダウンロードする事が出来ます。

お渡しするツールはMT4で動作するようになっています。MT5ではないので、お間違いのないようにしてください。

XMのMT4/MT5セットアップファイルのダウンロードが正常に完了しますと、MT4/MT5をインストールするための「xmtrading4(5)setup.exe」がお客様のパソコンにダウンロードされています。

 

XMのMT4/MT5をインストールするには「xmtrading4(5)setup.exe」アイコンをダブルクリックし、インストーラーを起動します。

MT4/MT5のインストール実行前に「ユーザーアカウント制御」の警告が表示されましたら、「はい」をクリックし、MT4/MT5のインストールを続行します。

 

MT4/MT5ライセンスの同意画面が表示されましたら、内容を確認し、「次へ」をクリックしてインストールを行います。

MT4/MT5のセットアップ画面に「完了」と表示されましたら、XMのMT4/MT5のインストールは完了です。「完了」をクリックします。

MT4/MT5のインストールが正常に完了しますと、自動でMT4/MT5が起動します。これにて、XMのMT4/MT5のインストールは完了です。

MT4/MT5のインストールが完了しますと、デスクトップにXMのMT4/MT5のショートカットアイコンが表示されます。

 

XMのMT4が起動しましたら、画面上部の「ファイル」メニューから、「取引口座にログイン」をクリックします。

「取引口座のログイン情報」画面が表示されましたら、ログイン情報(ログインID・パスワード)を入力後、取引口座のログインサーバーを選択し、「ログイン」をクリックします。

Expartフォルダにツール(EA)を挿入する

MT4を立ち上げて、ツールバーのファイルから「データフォルダを開く」をクリックしてください。次にフォルダ一覧が表示されますので「MQL4」をクリックしてください。さらにフォルダ一覧が表示されますので、その中から「Experts」をクリックするとExpertsのフォルダが開きます。

Expertsフォルダにツール(EA)を挿入してください。挿入方法はコピー・アンド・ペーストでも、切り取り→貼り付けでも構いません。

MT4を一度閉じて、MT4を再起動させてください。MT4を再起動することで挿入したEAがExpertsフォルダに反映されます。

MT4の左側にあるナビゲーターの中にエキスパートアドバイザがあります。「+」マークをクリックして開いていただくと、先ほど挿入したEAが確認できると思いますので、EAが確認できれば挿入の成功となります。

MT4の左側にナビゲーターが表示されていなければ、MT4の上部ツールバーの「表示」から「ナビゲーター」を選択すればナビゲーターが表示されます。

ツール(EA)の設定を行う

MT4の上部ツールバーの「ツール」から「オプション(O)」をクリックすると、MT4の画面上にオプション画面が表示されます。表示されたオプション画面のタブから「エキスパートアドバイザ」を選択し、「自動売買を許可する」と「DLLの使用を許可する(信頼できるアプリケーションのみで有効)」の2つのチェックボックスにチェックを入れ、最後に「OK」ボタンをクリックしてください。クリック後は自動的にオプション画面が閉じられます。

自動売買を実行

自動売買を実行するには、先ほどのツール(EA)をチャート上にドラッグします。

使用する通貨ペアはGBPUSD・時間足は1時間足です。

その他のペア・時間足では正常に作動しません。

ドラッグすると、ツールの設定画面が表示されます。

パラメーターについては、Lotsの部分だけ変更します他の箇所は変更しないでください。

 

資金のよりLot数は異なります。また、一か月を目安にLot数を変更する事を推奨しています。

Standard口座で10万円から運用を始める場合、Lot数は0.03~0.05から始めてください。

Micro口座で1万円から運用を始める場合、Lot数は0.3~0.5から始めてください。

一見Micro口座の方が数字が大きく見えますが、Standard口座とMicro口座では0.01の単位が違います。

Standard口座の場合、0.01は1000通貨となります。

一方Micro口座の場合、0.01は10通貨です。

例として…

ドル円が130円の時、1000通貨分のポジションを買いエントリーしたとします。

その後131円まで上昇しそこで決済すると、1通貨に対し1円の利益が生じ、1000通貨保有しているので合計1000円の利益が発生する。

という事です。

Lot数を指定する理由をご説明します。

お渡しするツールは、一度に複数のポジションを保持し、総合的に判断し利益が出るタイミングで決済するシステムとなっています。

仮にStandard口座で10万円の資金、0.05でツールを回すとすると、1pips変動するだけで50円の含み損益が発生します。

一時的に逆方向に向かう事も想定しなければなりません。

それに加え複数ポジションを所有するシステムですので、Lot数が大きすぎると含み損が1万円を超えてくる場合も考えられます。

一時的とはいえ、全資金の10%を超える含み損は精神衛生上よくありませんし、戦略としても良いやり方とは言えません。

堅実に運用する場合には0.03・リスクを取ってでも利益を求めたい場合は0.05から始めて下さい。

以上の理由から、Lot数は上げすぎない・10万円に対して1ポジション0.05(5000通貨)程度に抑える必要があります。

このルールに従い、一定期間(1か月)経過したらLot数の見直しを行ってください。

まとめ

通貨ペア:GBPUSD

時間足:1時間足

Lot数:0.03~0.05(10万円の場合)

最後に重要な事をお伝えします。

システムを使って運用している時は【MT4・パソコンの電源を切らないでください】

電源を落とすと、その時に自動売買のシステムも止まります。止まってしまうと正確な結果は得られません。

基本的にはVPSをお勧めします。

毎月3000円ほど月額料金はかかりますが、パソコンの電源を入れっぱなしにする必要もなくなります。

XMの場合、条件を満たすと無料でVPSが利用できます。

口座開設後、詳しくお知りになりたい方はお問い合わせよりご連絡頂ければご説明させて頂きます。